ハウジングkomachiロゴ
小上がりを含めて22.5畳のゆったりとしたLDK。散らかりがちなシンクやワークトップがリビング側から見えないように、キッチン前の壁を高めに造作している。ダイニング奥の壁には、書類や写真を飾れる便利なマグネットボードを設置。

家事のしやすさを追求し 効率的な収納&動線を実現

(株) Yui建築事務所

北蒲原郡聖籠町


H邸

 グレーやブラウンなどの落ち着いた色味で統一されたH邸。シックなインテリアに目が行きますが、家事をスムーズに行える合理的な設計も特長です。
 玄関の隣には、靴だけでなく服もたっぷり収納できるハンガーパイプ付きのシューズクロークを造作。「主人が仕事着をここで脱いでリビングに入れる動線にしています」と奥様。キッチンは左右から入れるようにして、その奥にはパントリーと勝手口を、その隣には洗濯・物干し・収納が完結できる4畳の洗面脱衣室を設けました。
「収納を分散して造ってもらったので、片付けやすくなりましたね。小上がりで遊ぶ娘たちを眺めながら、ゆっくり夫婦でお酒を飲めるようになりました」と満足そうに話す奥様でした。

小上がりは子どもたちの遊び場。下の引き出しにはおもちゃをすっきり収納できる。吊押入の下は雛人形を飾るためのスペース。
たっぷりと洗濯物が干せる洗面脱衣室。タオルやストック品が入った収納ボックスは、可動棚を使って美しくレイアウト。
上着や仕事着が掛けられるクロゼット機能を兼ねたシューズクローク。土間の一角はウサギの飼育スペースになっている。
ご主人の趣味室は4畳の落ち着ける空間。棚には趣味のDIY道具や漫画がずらりと並ぶ。
キッチンの奥には自然光が差し込む明るいパントリーが。勝手口がありゴミ出しも便利。
寝室は造作のドレッサーとTV台付き。

DATA

家族構成:夫婦+子ども2人
竣工日:2020年04月
構造:木造軸組工法
延床面積:122.36m²(37坪)
1F 66.17m²(20坪) 2F 56.19m²(17坪)
※建築主様のご要望で平面図は省きます。

この記事をシェアする

この記事を読んだ人におすすめの実例

このページのトップへ