)
ハウジングkomachiロゴ
和室からLDKを望む。床板のアカシアの無垢材が醸す柔らかな趣も手伝い、伸びやかな空間のH邸。トイレを家の両側の居室脇に1つずつ設けるなど、使いやすさが十分に考慮された間取りになっている。「建築士さんから平屋の提案があったからこそ、快適な暮らしが実現しました」(ご夫婦)。

平屋が叶えたオープンな間取りと ストレスのない生活動線

adhouse(アドハウス)

三条市


H邸

「家事をする上で動線が楽ですし、年を取ってからの生活も考えて」と、ご夫婦は建築士からの提案で130坪の土地に平屋を建てました。日常生活の利便性に加え、2階建てと比べて、同じ延床面積であれば建築コストを抑えられること、住居以外の土地のメンテナンスが少なくて済むことなどの利点が、この平屋のプランにはありました。
 家の中心は、デザインタイルが印象的なオープンキッチン。家族がどこに居ても気配を感じられる間取りで、正面には坪庭が見えます。内装デザインはご夫婦が雑誌やインターネットで見つけたものを参考に、施工会社のインテリアコーディネーターと一緒に考えました。ご夫婦と施工会社のセンスの良さが垣間見えるお宅です。

リビングと和室、その境界に垂れ下がっているのは間仕切りのロールカーテン。空間の開放感を生かすため、あえて引き戸の代わりに採り入れた。
「南欧風のイメージを思い描いて」(奥様)、清潔感のある白を基調に爽やかなカラーのデザインタイルを使用した。視線の先には、ウッドデッキを備えた約10畳の坪庭が広がる。
坪庭にはLDKからの延長でウッドデッキを設置。アウトドアリビングとして活躍する。
「外観もシンプルにしたかった」(ご主人)と、モノトーンでまとめた。坪庭の塀がファサードのアクセントになっている。坪庭や外構はこれから整えていく予定。
アーチ壁と照明が特徴的な玄関。
トイレをはじめ随所に差し色として採用したブルーはご主人が好きな色。キッチンと同様に、爽やかなイメージを演出。

DATA

家族構成: 夫婦 子ども:2人
竣工日:2017年03月
構造: 木造軸組工法
延床面積: 116.76m² (35.24坪)
1F 116.76m² (35.24坪)

この記事をシェアする

この記事を読んだ人におすすめの実例

COZY新潟(株)エクセレントホーム

新潟市

H邸

自分たち好みを詰め込んだ「お気に入り」に囲まれた暮らし

(有)山﨑建築事務所

新潟市

N邸

快適な空気環境が支える 家族が安心して住まう家

ハーバーハウス(株)

新潟市

S邸

書斎から愛車を眺める インナーガレージを囲む家

ノウハウ記事週間ランキング

このページのトップへ