)
ハウジングkomachiロゴ
片流れ屋根の勾配を生かすことで、実面積以上の開放感を得たLDK。床には無垢のアカシアを選んだ。

潔く自分スタイルを貫いた スタイリッシュな平屋建て

アサヒアレックスグループ

新潟市


T邸

 暮らしやすさを最重視したご夫婦が選んだのは平屋の住まい。「将来を考えてワンフロアで生活を完結させたかったんです」と奥様。十分な敷地を確保できたため、水回りをはじめとする各スペースにゆとりが生まれ、無理のない緩やかな生活動線を築くことができました。
 屋根の勾配を生かした天井やハイドアの効果から、LDKは開放的な雰囲気です。床はアカシア材によるヘリンボーン柄をセレクト。グレーの壁紙やブラックのドアなど、さまざまな要素が見事に調和したインテリアは、ご主人のセンスで選び抜かれたものです。「こだわりながらもやりすぎていない、程よい統一感を大切にしました。家具から照明に至るまで、すべて満足しています」(ご主人)。

ダイニング・キッチンとリビングの天井高でメリハリをプラス。L字型のダイニングテーブルは、ご主人がミリ単位でこだわった造作。
キッチンからリビングを見る。ヘリンボーン張りの床やスポットライト、グレーの壁紙など、ニュアンスの異なるデザインが融合した。
リビングの隣には、2畳分の小さな書斎スペース設計。
家中のデザインを統一させてコーディネートしたT邸。
玄関ホールにはピクチャーレールを設け、レコードジャケットをディスプレー。
洗面脱衣室の照明は気に入ったものをご主人自ら手配したそう。

DATA

家族構成:夫婦 子ども:2人
竣工日:2020年12月
構造: 木造軸組工法
延床面積: 99.75m² (30.17坪)
1F 99.75m² (30.17坪)
※建築主様のご要望で平面図は省きます。

この記事をシェアする

この記事を読んだ人におすすめの実例

COZY新潟(株)エクセレントホーム

新潟市

H邸

自分たち好みを詰め込んだ「お気に入り」に囲まれた暮らし

(有)山﨑建築事務所

新潟市

N邸

快適な空気環境が支える 家族が安心して住まう家

ハーバーハウス(株)

新潟市

S邸

書斎から愛車を眺める インナーガレージを囲む家

ノウハウ記事週間ランキング

このページのトップへ