)
ハウジングkomachiロゴ
「外壁はガルバリウムに決めていました」と奥様。黒をセレクトしたことで、表情が引き締まり、重厚感が増した。

コンセプトはホテルライクな空間ガレージを備えたゆとりの住まい

ハーバーハウス(株)

阿賀野市


I邸

 ガレージとグリルシャッター付きのカーポートを備えた重厚感あふれる外観。カーポートから長いアプローチを進めば、裏には緑鮮やかな庭が迎えます。広い敷地にゆったりと立つI邸のコンセプトは、「生活感のない、ホテルライクな住まい」。趣のある玄関から中へ進めば、26畳のLDK。段差のある伸びやかなピットリビングが、空間に変化と広がりを生み出しています。一方キッチンはワークトップに人造石を使ったアイランド型。収納棚と合わせて艶のある黒で統一し、ラグジュアリーな雰囲気を醸し出しています。
 デザインだけでなく、使い勝手にも十分配慮したI邸。キッチンや洗面などの生活動線を工夫し、美しさと快適さ、機能性が融合した住まいとなりました。

家の顔としてご主人が重視した玄関。右の扉はシューズクローク。家族はこちらから出入りでき、ゲストと動線を分けている。
お子様の遊び場としても活躍してくれるピットリビング。段差に座ることができ、来客の多いI邸に適したスタイル
リビング側、ダイニング側に窓が設けられたLDKは明るさも十分。ダウンライトと間接照明で、夜にはムードある雰囲気に。
生活感を感じさせないため、大容量の収納棚を設けて隠す収納に徹したキッチン。奥のパントリーはガレージに繋がり、荷物の出し入れが便利。
浴室から洗面、サンルーム、ガレージへつながる動線を確保。サンルームはファミリークロークに隣接し、洗う、干す、しまう、を一体化。
床の間を備えた本格的な和室からは、庭越しに桜が見える。ご主人のたっての希望を叶えたもの。
1F
2F

お客様の声

以前の家が50年近くたった古い家で、近所に土地が見つかったことをきっかけに新築することに決めました。展示場を回って、複数の会社から見積もりを取りましたが、対応が早くて、デザインと費用のバランスのとれたハーバーハウスさんに依頼しました。要望をうまくくみ取ってもらい、最初の図面でほぼ満足できるものに仕上がりました。


担当スタッフコメント

理想とする家のイメージを、ご夫婦で初めからしっかりとお持ちでいらっしゃいましたので、「敷地裏手の桜の木を楽しめる設計」や「居心地のいいピットリビング」など、明確にご要望をいただきました。特に仕様打合せの際、奥様からは、たくさんメモを書き溜めたオリジナルの家づくりノートや、付箋のたくさん貼られたパンフレット、ご主人様からは、SNSでお調べくださったイメージ画像をたくさんご提供いただきましたので、私もお二人の想いに応えられるよう、悩みながらもとても楽しくご提案させていただきました。また、工事着工中に執り行った「上棟式」では、大勢のご友人・ご近所の皆様にご参加いただき、お二人のお人柄の良さが表れているように感じました。そして、お引渡しの際に奥様が涙ぐむ場面もあり、私も感動で胸がいっぱいになったことを覚えています。

ハーバーハウス(株)

設計士 佐藤 隆一

DATA

家族構成:夫婦 子ども:3人
竣工日:2021年07月
構造: 木造軸組工法
延床面積: 183.14m² (55.28坪)
1F 133.04m² (40.16坪) 2F 50.10m² (15.12坪)
設計者:佐藤 隆一

この記事をシェアする

この記事を読んだ人におすすめの実例

(株) アンドクリエイト

五泉市

Y邸

休日はデッキでバーベキュー アウトドアを感じる暮らし

ノウハウ記事週間ランキング

このページのトップへ