)
ハウジングkomachiロゴ
照明もインテリアの重要な要素とこだわったご夫婦。リビングのシーリングライトは「セルジュ・ムーユ」。ダイニングのペンダントライトには、「ピーター・アイビー」を選んだ。

つくりこみ過ぎない空間に こだわりの家具でつくる豊かな時間

アサヒアレックスホールディングス(株)

新潟市


K邸

 コロナ禍で新婚旅行を断念、休日も部屋で過ごす時間がほとんど。それなら、「自分たちが快適に過ごせる空間をつくろう」と新築を決めたKさんご夫婦。イメージしたのは、好みの家具に包まれて過ごす心地いい時間。家具が映える、木をベースとしたつくりこみ過ぎないLDKのある家でした。床は巾広の無垢のオークと決め、壁は白に統一。そこにチークのセンターテーブルとテレビボード、ゆったりとしたソファ、チェリーのダイニングテーブルを配置しました。「空間を広く見せたかったので、キッチンは換気扇を壁側に設置したⅡ型にしました」(奥様)。
 さらに、ダウンライト以外の照明はご夫婦自らコーディネート。こだわりの明かりが豊かなおうち時間を演出しています。

ステンレス製のワークトップは、艶消し効果のあるバイブレーション仕上げ。こうした素材感を大切にするのもご夫婦の家づくりのポイントの一つ。
充実した背面収納とアイランドキッチン。家具家電に至るまで、こだわり抜いた逸品がそろう。
ファミリークロークから洗面、脱衣所、浴室とストレートに繋がる機能的な動線。ゆとりのある洗面も使い勝手がいい。
室内と同様にシンプルなデザインの外観。装飾を排した潔いスタイルが存在感を際立たせている。
玄関からは1階をぐるりと一周できる回遊動線を築いている。アイアンのイナズマ階段がアクセントに。
トイレと浴室にはあえて窓を設けず、落ち着いた雰囲気に仕上げた。

お客様の声

展示場で見たモデルハウスのデザインが気にいって、土地探しも含めてアサヒアレックスさんにお願いしました。細かな要望にも丁寧に応えていただき、望みどおりの住まいになりました。気密・断熱性能が高くて快適ですし、外の音も全く気になりません。


DATA

家族構成:夫婦
竣工日:2021年08月
構造: 木造軸組工法
延床面積: 107.64m² (32.56坪)
1F 66.24m² (20.03坪) 2F 41.40m² (12.52坪)
※建築主様のご要望により平面図は省きます。

この記事をシェアする

この記事を読んだ人におすすめの実例

(株) ハンズワタベ

燕市

E邸

複数のラウンド動線で 家事も子育ても効率的に

オーガニックスタジオ新潟 (株)

新潟市

H邸

豊かな芝庭を眺める 大らかな箱の家

(株) アンドクリエイト

新潟市

I邸

LDKとそれ以外 廊下で領域を分けたデザイン住宅

アサヒアレックスホールディングス(株)

新潟市

K邸

つくりこみ過ぎない空間に こだわりの家具でつくる豊かな時間

adhouse(アドハウス)

新潟市

S邸

こだわりのデザインが映える 光に満ちた大空間

(有)山﨑建築事務所

新潟市

F邸

暮らしの理想を詰め込んだ オンリーワンの住まい

ノウハウ記事週間ランキング

このページのトップへ