ハウジングkomachiロゴ
リビングからダイニング・キッチンを望む。ゲストを招いて、L字型の造作ダイニングテーブルを囲む機会も多いそう。

限られた敷地で実現した ナチュラルで心豊かな暮らし

Paddy Field (有)ダイワホームズ

三条市


S邸

 ご実家の敷地内での新築を決めたSさんご夫婦。洋服店を営む奥様は、以前からお店に足を運んでくれていた女性建築士に設計を依頼しました。「洋服だけでなく、ナチュラルな空間の好みも一致していたので安心してお任せできました」と奥様。
 ゲストを招くことが多いご家族のために、DKには大人数で座れるL字型のダイニングテーブルを造作。天井まで高さのある収納など、空間を最大限活かす設計がなされています。また、通りからの目線が気にならないよう高い位置に窓を設けるなど、細やかな配慮も見られます。
 随所に花が飾られたS邸。「この家に住んでから、自然と花を飾るようになりました」と奥様。自然素材に包まれた新居で、心豊かな生活を送っています。

カリモク60などの家具に合わせてアカシアの床材を選び、統一感のある空間に仕上げたLDK。
白と杉板張りのツートンでスタイリッシュに仕上げた外観。ご主人が定期的にお手入れしているという白い外壁はいつもきれいに保たれている。
玄関からLDKを望む。「玄関に入るとすぐにリビングが見えてほっとします」(奥様)。たくさんの靴を持っている奥様のために大きなシューズボックス(写真右)も設けた。
ビルダーの提案で食器棚にはチェッカーガラスを採用。その上部には飾り棚が設けられている。「奥様なら必ず素敵なものを置いてくれると思って」と建築士。
約15畳のLDK全景。天井からは間接照明による柔らかい光がこぼれる。
清潔感のある洗面台。ワイドな鏡は奥様のアイデアによるもの。
1F平面図
2F平面図

DATA

家族構成:夫婦+子ども2人
竣工日:2016年12月
構造:木造軸組工法
延床面積:89.43m²(27.05坪)
1F 41.4m²(12.52坪) 2F 48.03m²(14.53坪)

この記事をシェアする

この記事を読んだ人におすすめの実例

このページのトップへ