)
ハウジングkomachiロゴ
長手方向に張られたフローリングが奥行き感を強調。「キッチンから景色を眺められるのも気に入っています」(奥様)。

四季折々の風景を味わえる リゾートライクなリビング

ハーバーハウス(株)

三条市


S邸

「夫婦で出掛けた海外のリゾートのような、非日常感を楽しめる家にしたかったんです」。そう話すSさん夫婦が実現したのは、アカシアの床が張られた開放的なリビングでした。
 窓辺にはモルタル仕上げのインナーテラスがあり、掃き出し窓を開けば芝庭に囲まれたデッキに出られます。「土間で椅子に腰掛け、小鳥を眺めたり。デッキでバーベキューをしたり。アパート暮らしの頃と比べて、家で過ごす時間が長くなりました」とご主人。「家の目の前に田んぼが広がっており、季節によって変化する景色を楽しめるのもいいですね」(奥様)。
 玄関からパントリーを経由してキッチンに入れる動線もご夫婦のこだわり。機能性も考えられた理想の家が完成しました。

リビングに置かれたウォーターヒヤシンスのソファがリゾートのような雰囲気を演出。キッチンはカフェライクなデザインでまとめている。
高機能メラミン樹脂で仕上げられたグラフテクトのキッチンとダイニングテーブル。色は無機質で美しいべトングレー。
玄関から建具越しに眺めるLDKと階段。奥行方向に視線が伸びるプランが特徴的。
落ち着いた色味の木調洗面台は、水に強いメラミン樹脂製。幅は約180cmあり、2人で並んで使うこともできる。
鮮やかな芝生や庭木、田園風景を眺めながらリラックスできるデッキ。「この家に住んで庭いじりが趣味になりました」(ご主人)。
インナーテラスの上は吹き抜けになっており開放感たっぷり。鉄骨階段が軽やかに上下階を繋ぐ。
1F
2F

お客様の声

 アパートで5年程暮らしていましたが、その暮らしに満足ができず、家を建てようと考えたんです。目の前に田んぼが広がる景色がいいなと思い、この土地を購入しました。住宅会社さんは5~6社を訪問しましたが、ハーバーハウスさんのスタッフの方の人柄の良さが決め手となり依頼することにしたんです。家に居るのが落ち着くので、飲みに出掛けることもなくなりましたね(笑)。庭の芝を育てることが新しい楽しみになりました。


担当スタッフコメント

 アウトドアを楽しめる暮らしや、リゾートをテーマとした雰囲気を目指してお打ち合わせを進め、床材や壁紙、照明やブラインドに至るまでをお二人と楽しく決めていきました。日常的にアウトドアを楽しんだり、お風呂上がりに涼んだりしているというお話を、お引き渡し後に伺いました。デッキ周りのガーデン部分に庭木や芝を少しずつ増やされていて、お二人が望んでいた暮らしを楽しんでいる様子が感じられ、とてもうれしかったです。

ハーバーハウス(株)

インテリアコーディネーター 須田 彩未

DATA

家族構成:夫婦
竣工日:2021年03月
構造: 木造軸組工法
延床面積: 145.89m² (44.04坪)
1F 92.99m² (28.07坪) 2F 52.90m² (15.97坪)

この記事をシェアする

この記事を読んだ人におすすめの実例

(株) アンドクリエイト

五泉市

Y邸

休日はデッキでバーベキュー アウトドアを感じる暮らし

ノウハウ記事週間ランキング

このページのトップへ