ハウジングkomachiロゴ
建具や造作家具に至るまで、木の温もりにあふれたLDK。2階のフリースペースでくつろぐ家族の気配もキャッチできる。

木の温かみと開放感に シックな和のテイストを添えて

(株)池田組 LOCAL LIFE STANDARD

長岡市


S邸

 ご主人の希望は、木の温もりに満ちた家。床には無垢のナラ材を使い、天井も木目を楽しめる板張りにし、くつろぎや癒やしを重視しました。一方、奥様の憧れは、天井が高く明るい住まい。それを南向きの大きな窓と吹き抜けで叶え、抜群の開放感を手に入れました。「キッチンからの視界が広く、全体を見渡せるので、家事と育児を無理なく両立できます」(奥様)。
 また、リビングから続く小上がりの建具をはじめ、随所に小国和紙を使った障子をしつらえるなど、さりげなく和の風情を加えているのも特徴の一つ。ダイニングのエアコン一台でまかなえる全館暖房の快適さとともに、どこにいても心地良く、自然素材の清々しさに包まれた暮らしを実現しました。

南に面した大きな窓と開放的な吹き抜けが、家族が集うリビングに明るさをもたらす。訪れた人は、まず「窓が大きい!」と驚くそう。
工務店と設計室が協業しつくり上げたS邸。白い塗り壁風の外観も、和の趣を感じさせる。充填断熱+外張り断熱工法により、冬でも暖かな住まいに。
ダイニングの足元に設置したエアコンが、床下の空気を温めて全館へ。快適さと、生活動線の起点となるのが、このダイニング・キッチン。
ダイニングの造作カウンターテーブルは、趣味やディスプレーを楽しむスペースとして活用。
ご夫婦の寝室にはロフトを設け、ロードバイクも楽に収納できるほどの広さを確保。
寝室や子ども部屋を配した2階は、ナラの床で清々しい雰囲気に。窓を多く設けており、周囲の景色と明るさを取り込める。

DATA

家族構成:夫婦+子ども1人
竣工日:2015年05月
構造:木造軸組工法
延床面積:102.26m²(30.93坪)
1F 53.76m²(16.26坪) 2F 48.5m²(14.67坪)

この記事をシェアする

この記事を読んだ人におすすめの実例

ノウハウ記事週間ランキング

このページのトップへ